まつげを長く伸ばす方法|しわに効果的な化粧品を見つけよう|肌のコンプレックスさようなら
女の人

しわに効果的な化粧品を見つけよう|肌のコンプレックスさようなら

まつげを長く伸ばす方法

睫毛

まつげの特徴

まつげは汗やゴミから目を守ったりひさしの役割をすることで太陽の光から目を守っています。平均的なまつげの長さは6mm程と言われており、長い人では8mm程伸びている人もいます。3〜4か月のサイクルで生え変わっており、瞼の皮膚の浅いところから生えています。サイクルとしては成長期、退行期、休止期の3つに分けられます。成長期は約40日間でこの間にまつげが伸び始めていきます。退行期は15日間で成長が止まり、まつげが抜け落ちます。休止期は60〜90日間でこの間は次の新しいまつげを生やすための準備期間になります。このように休止期間が長く成長期および退行期が短いことと成長期に負担をかけてしまうことでまつげが伸びきる前に抜けてしまい、結果として長く伸びない状態になります。まつげを伸ばす方法として成長期に成長を妨げないようにしていくことが重要になります。

成長期を維持するには

まつげを伸ばす方法として成長期のまつげをいかにして守るかという事が大切になってきます。普段から洗浄方法やお手入れをしっかりしていくことで成長期の負担を減らしまつげを伸ばすことにつながっていきます。まつげを伸ばす方法としてまず必要なことはしっかりとしたメイク落としです。まつげの毛根付近につけまつげの糊やアイシャドーやマスカラが残っていると毛穴が詰まってしまい成長の妨げになります。また目元をこするように洗うと簡単に抜けてしまうので優しくふき取るようにとるようにします。しっかり目のメイクの場合には取りきれない場合があるのでリムーバーを綿棒に浸してしっかり溶かすように洗浄します。しっかり洗浄したらホットアイマスクで目元の血流をよくしていきます。最後に眉毛と目の下、目頭をゆっくり内側から外側に向けてマッサージしていきます。このようなまつげを伸ばす方法を続けていくことでまつげの負担を減らし、血流を改善させまつげの毛根にしっかりと栄養を運び成長を促すことができます。